日本性感染症学会誌 Journal of Japanese Society for Sexually Transmitted Infections

ISSN: 0917-0324
日本性感染症学会 Japanese Society for Sexually Transmitted Infections
〒162-0801東京都新宿区山吹町358-5アカデミーセンター Japanese Society for Sexually Transmitted Infections Academy Center, 358-5 Yamabuki-cho, Shinju-ku, Tokyo 162-0801, Japan

STD疫学調査 第1会場 9:05~9:41 座長 小野寺昭一

I-4. 妊婦Chlamydia trachomatis感染危険因子の検討―低容量ピル解禁に向けて

PDF

STDの動向(1) 第1会場 9:41~10:08 座長 田中正利

I-5. 福岡市のCommercial Sex Workers(CSW)におけるG型肝炎ウイルス(HGV)感染

PDF

I-7. フェラチオによる性感染症のサーベイランス

PDF

STDの動向(2) 第1会場 10:08~10:26 座長 坂 義人

I-8. 感染源からみたSTD患者の臨床的検討

PDF

I-9. 神戸市の一次医療機関泌尿器科外来におけるSTDの現況

PDF

クラジミア基礎 第1会場 10:26~10:53 座長 松本 明

I-11. Chlamydia trachomatisの抗菌薬耐性化に関する検討

PDF

I-12. クラミジア・トラコマチスに対するフルオロキノロン剤のin vitroおよびin vivo作用

PDF

クラジミア診断法(1) 第1会場 10:53~11:29 座長 野口昌良

I-14. 膣分泌物よりのクラミジア性子宮頚管炎の診断―IDEIA PCE Chlamydia®を用いて―

PDF

I-16. クラミジア感染の診断―細胞診との比較検討を中心に―

PDF

クラミジア診断法(2) 第1会場 11:29~11:56 座長 広瀬崇興

I-17. Chlamydia抗原検出キットCLEARVIEW CHLAMYDIA MFの男性尿試料を用いての評価

PDF

I-18. AMPLICOR C. trachomatisにおける頚管擦過検体保存法の検討―阻害物質による偽陰性の解消を目的に―

PDF

記念講演 第1会場 13:15~13:45 座長 梅内拓生


教育講演 第1会場 13:45~14:25 座長 大井好忠


特別講演 第1会場 14:25~15:05 座長 木村 哲


シンポジウム:STDへのアプローチはここまで進んだ―各科町域における到達点と課題― 第1会場 15:20~17:20 司会 小島弘敬、菅生元康


産婦人科医STD(1) 第2会場 9:10~9:28 座長 本山 覚

II-1. クラミジア性骨盤内感染症の診断とその問題点

PDF

産婦人科STD(2) 第2会場 9:28~9:55 座長 保田仁介

II-4. 腹腔鏡下癒着剥離術が奏効したFitz-Hugh-Curtis症候群の一例

PDF

泌尿器科STD 第2会場 9:55~10:31 座長 松本哲朗

II-7. クラミジア精巣上体炎の診断

PDF

II-8. 男性不妊患者におけるクラミジアの保菌について

PDF

II-9. 男性不妊症における血液クラミジア検査の有用性

PDF

皮膚科STD 第2会場 10:31~10:49 座長 小野広義

II-10. 皮膚科における外陰ヘルペスの現況と多因子的解析

PDF

II-11. HIV感染者にみられた潰瘍を伴う梅毒の2例

PDF

淋菌 第2会場 10:49~11:25 座長 公文裕巳

II-12. 岡山地区における男子尿道炎患者由来淋菌の薬剤感受性について

PDF

ヘルペス・梅毒診断法 第2会場 11:25~11:52 座長 本田まりこ

II-18. 新しく開発されたラテックス試薬によるTreponema pallidum(TP)抗体検査法の基礎的及び臨床的検討

PDF

図説 性感染症

AIDS関連Kaposi肉腫

PDF

AIDS患者に発症した関節症性乾癬

PDF

This page was created on 2017-09-15T13:13:56.11+09:00
This page was last modified on 2017-09-15T00:13:56.11+09:00