日本性感染症学会誌 Journal of Japanese Society for Sexually Transmitted Infections

ISSN: 0917-0324
日本性感染症学会 Japanese Society for Sexually Transmitted Infections
〒162-0801東京都新宿区山吹町358-5アカデミーセンター Japanese Society for Sexually Transmitted Infections Academy Center, 358-5 Yamabuki-cho, Shinju-ku, Tokyo 162-0801, Japan

クラミジア(Ⅰ) 第1会場 9:10~9:30 座長 永山在明

2. PCR法によるChlamydia trachomatisの型別と血清型について

PDF

クラミジア(Ⅱ) 第1会場 9:30~9:50 座長 橋爪 壯

3. STDハイリスク・女性における、抗クラミジア抗体測定法の検討

PDF

クラミジア(Ⅲ) 第1会場 9:50~10:20 座長 松本 明

7. ヒタザイムを用いた抗Chlamydia trachomatis抗体の測定

PDF

クラミジア(Ⅳ) 第1会場 10:20~10:40 座長 守殿貞夫

9. 尿路性器C. trachomatis感染症における血清IgM抗体の臨床的有用性の検討

PDF

クラミジア(Ⅴ) 第1会場 10:40~11:10 座長 野口昌良

10. クラミジア感染婦人における臨床像の検討

PDF

11. クラミジア・トラコマティス感染症における妊孕障害の検討

PDF

12. クラミジア骨盤内感染症における抗体とその変化の意義

PDF

クラミジア(Ⅵ) 第1会場 11:10~11:30 座長 菅生元康

14. 鹿児島市における1993年の性感染症・男子尿道炎を中心として

PDF

クラミジア(Ⅶ) 第1会場 11:30~11:50 座長 熊澤淨一

15. 泌尿器科患者のクラミジア抗体保有状況とクラミジア分離株の血清型別

PDF

招待講演1 座長 山崎修道


招待講演2 座長 熊本悦明


細菌(淋病) 第2会場 9:15~9:35 座長 松田静治

18. 淋菌感染症患者の疫学調査

PDF

淋菌 第2会場 9:35~9:55 座長 小島弘敬

19. 淋菌のニューキノロン系薬耐性化について

PDF

梅毒 第2会場 9:55~10:15 座長 水岡慶二

21. 実験梅毒における血清中ヒアルロン酸およびクレアチンレベルの動態

PDF

22. HIV感染者における再発梅毒の1例―その②

PDF

ウイルス 第2会場 10:15~10:45 座長 新村眞人

23. 腔異形成とヒトパピローマウイルス

PDF

エイズ 第2会場 10:45~11:15 座長 島田 馨

27. アトピー性皮膚炎様の皮膚病変を呈したAIDS患者

PDF

28. STDとしてのHIV感染(HIVサブタイプの解析)

PDF

STD 第2会場 11:15~11:45 座長 川名 尚

29. 腟トリコモナス症の疫学的特徴と臨床効果の検討

PDF

30. 静岡県におけるSTD実態調査成績―年度別推移を中心に―

PDF

31. 東海地区の男性同性/両性愛者におけるSTD浸淫状況

PDF

図説 性感染症

HIV感染者における伝染性軟属腫

PDF

先天性梅毒

PDF

再感染のsecondary syphilis

PDF

This page was created on 2017-09-15T13:13:56.11+09:00
This page was last modified on 2017-09-15T00:13:56.11+09:00