日本性感染症学会誌 Journal of Japanese Society for Sexually Transmitted Infections

Online ISSN: 2434-2505 Print ISSN: 0917-0324
日本性感染症学会 Japanese Society for Sexually Transmitted Infections
〒162-0801東京都新宿区山吹町358-5アカデミーセンター Japanese Society for Sexually Transmitted Infections Academy Center, 358-5 Yamabuki-cho, Shinju-ku, Tokyo 162-0801, Japan
Japanese Journal of Sexually Transmitted Infections 30(1): 1-6 (2019)
doi:10.24775/jjsti.O-2019-0002

原著原著

フルコナゾール150 mg経口療法の外陰・腟カンジダ症における位置づけPositioning of oral fluconazole 150 mg in the treatment of vulvovaginal candidiasis

1京都府立医科大学医学部看護学科医学講座産婦人科学Kyoto Prefectural University of Medicine, School of Nursing Division of Obstetrics and Gynecology

2岩破医院Iwasaku Clinic

3京都産婦人科医会Kyoto Obstetrician Society

4京都府立医科大学Kyoto Prefectural University of Medicine

受付日:2019年3月5日Received: March 5, 2019
受理日:2019年7月12日Accepted: July 12, 2019
発行日:2019年10月29日Published: October 29, 2019
HTMLPDFEPUB3

【目的】外陰・腟カンジダ症に対しては、腟錠、腟坐剤、クリームの局所療法が行われているが、我が国でもフルコナゾール(ジフルカンカプセル:ファイザー株式会社)150 mg単回経口投与が承認された。外陰・腟カンジダ症に対するフルコナゾール150 mg単回経口投与の有効性および安全性を検討した。【対象と方法】2015年8月1日から2017年12月31日までに、外陰・腟カンジダ症の自覚症状を訴え受診し、外陰・腟カンジダ症と診断しフルコナゾール経口投与により治療した204例の治療効果について観察をした。なお、各開業医の先生方には、治療には腟錠・クリーム・経口薬があるが、いずれの方法かを患者様自身に選択してもらい、患者様すべてがID化された情報で、個人が全く特定できない状態で検討している。【結果】204例の中で、培養検査にてCandida属を認めた191例192株で検討をした。全般臨床症状改善度は、191例で消失93例、改善72例であった。真菌学的検討は、191例、192株で消失率83.3%、存続16.1%であった。C. albicans 166株では、消失151株、存続15株、C. glabrata 18株で、消失6株、存続12株、C. tropicalis 4株で、消失1株、存続3株、C. parapsilosis 2株で、消失2株、C. guilliermondii 2株で、存続1株、C. parapsilosisに菌交代1株であった。全般改善度は、191例で著効164例、無効27例であった。有害事象は、胃痛1例、発熱1例、下痢1例であった。腟錠などの局所療法治療中には、月経時に中止をせざるを得ない場合が多いが、今回の検討では、1週間以内に月経があった症例を191例中22例に認めた。【結論】フルコナゾール150 mg単回経口投与は、外陰・腟カンジダ症に対して、局所投与剤に比べて簡便で、コンプライアンスに優れ、月経に無関係に治療可能な新たな治療薬である。鏡検を行い、仮性菌糸が伸びていればC. albicansであることが多いので、フルコナゾールを内服し、同時に培養検査も行い、1週間後に再診し、症状の消失や腟分泌物の状況を確認後、必要があれば腟錠の追加投与を行うことなど、経口薬を使用する意義は大きいことが示唆された。

Purpose: Traditionally, vulvovaginal candidiasis has been treated locally with vaginal tablets, vaginal suppositories, and topical creams. Nonetheless, fluconazole, an orally administered medication for the treatment of fungal and yeast diseases has now been approved for the treatment of vulvovaginal candidiasis. In this study, we examined the efficacy and safety of a single oral 150 mg dose of fluconazole.

Subjects and Methods: The study included 204 subjects who were ≥18 years old and exhibited objective and subjective symptoms of vulvovaginal candidiasis and vaginal discharge. In addition, microscopic examination of vaginal discharge samples was performed for confirming the presence of spores/mycelia. Each subject received three capsules of fluconazole, each 50 mg, once daily as a single dose. Seven days after administration, subjects were evaluated for overall clinical symptom improvement, fungal effects, and adverse events.

Results: Of the 204 cases, 191 had Candida infection. Based on culture tests, 192 strains of Candida (166 strains of C. albicans, 18 strains of Candida glabrata, 4 strains of Candida tropicalis, 2 strains of Candida parapsilosis, and 2 strains of Candida guilliermondii) were identified in the samples. Morevoer, in terms of overall clinical symptom improvement, the condition was resolved in 93, improved in 72, and unchanged in 26 cases. As for fungal effects of the 192 strains, 160 strains tested negative (negative rate: 83.3%), 31 strains persisted (15 strains of C. albicans, 12 strains of C. glabrata, 3 strains of C. tropicalis, and 2 strain of C. guilliermondii), and 2 showed microbial substitution.

Key words: vulvovaginal candidiasis; oral fluconazole

This page was created on 2019-08-16T13:04:27.995+09:00
This page was last modified on 2019-09-30T11:25:42.000+09:00


このサイトは(株)国際文献社によって運用されています。