日本性感染症学会誌 Journal of Japanese Society for Sexually Transmitted Infections

Online ISSN: 2434-2505 Print ISSN: 0917-0324
日本性感染症学会 Japanese Society for Sexually Transmitted Infections
〒162-0801東京都新宿区山吹町358-5アカデミーセンター Japanese Society for Sexually Transmitted Infections Academy Center, 358-5 Yamabuki-cho, Shinju-ku, Tokyo 162-0801, Japan

日本性感染症学会第31回学術大会

会長講演 11月24日(土)9:05~9:30 司会:荒川創一


特別講演 11月24日(土)9:30~10:00 司会:小野寺昭一


教育講演1 11月24日(土)10:00~10:30 司会:清田 浩


教育講演2 11月25日(日)11:00~12:00 司会:松本哲朗


日韓シンポジウム「日本と韓国での性感染症サーベイランス」 11月24日(土)15:00~16:30 司会:Seung-Ju Lee, Shingo Yamamoto

司会のことば

PDF

シンポジウム1(日本性感染症学会卒後・生涯学習プログラム)「性感染症の迅速診断:どこまで進歩し、将来どのような技術が実現できるのか」 11月24日(土)10:30~12:00 司会:三鴨廣繁、濵砂良一

司会のことば

PDF

シンポジウム2「性感染症感染拡大防止のために」 11月24日(土)10:30~12:00 司会:白井千香、川畑拓也

司会のことば

PDF

シンポジウム3「梅毒の現状と今後の課題2018」 11月24日(土)14:30~16:30 司会:石地尚興、山岸拓也

司会のことば

PDF

シンポジウム4「子宮頸癌/HPVワクチンの現状と課題」 11月24日(土)15:00~16:30 司会:川名 敬、野口靖之

司会のことば

PDF

シンポジウム5(日本性感染症学会卒後・生涯学習プログラム)「ライフスタイルに合わせた性感染症予防教育」 11月25日(日)9:00~11:00 司会:井口一成、野々山未希子

司会のことば

PDF

シンポジウム6「性感染症のパートナーへの対応:私はこうしている」 11月25日(日)9:00~10:30 司会:岩破一博、和田耕一郎

司会のことば

PDF

シンポジウム7「教訓から学ぶ性感染症学」 11月25日(日)10:30~12:00 座長:古林敬一、安田 満

司会のことば

PDF

認定士への集い 11月24日(土)14:30~15:30

性感染症学会認定士と性感染症予防活動に関わる会員の集い

PDF

第294回ICD講習会「性感染症に関連した感染対策」 11月25日(日)14:00~15:30 司会:髙橋 聡


一般演題1「疫学1」 11月24日(土)9:27~10:03 座長:三鴨廣繁

O-02 若年者で増加してきている性器クラミジア感染症

PDF

一般演題2「疫学2」 11月24日(土)10:03~10:30 座長:五十嵐辰男

O-05 妊婦における細菌性腟症(BV)、性器クラミジア感染、頸管炎の頻度とrisk factorの検討

PDF

O-06 当院における妊婦のクラミジア子宮頸管炎・淋菌感染症の検討

PDF

一般演題3「淋菌1」 11月24日(土)9:05~9:32 座長:遠藤勝久

O-07 非HIV感染MSMを対象としたコホートにおける性感染症の実態について

PDF

O-08 播種性淋菌感染症の1例

PDF

O-09 CTRX耐性N. gonorrhoeaeおよびCTRX低感受性N. subflavaに対するpenA遺伝子解析

PDF

O-10 淋菌に対するpiperacillinとtazobactam/piperacillinの薬剤感受性の検討

PDF

一般演題4「淋菌2」 11月24日(土)9:32~9:59 座長:村谷哲郎

O-11 埼玉県における男子淋菌性尿道炎に対する各種抗菌薬の臨床的検討(2016、2017年)

PDF

O-12 都内淋菌分離株の薬剤感受性と分子疫学解析

PDF

一般演題5「淋菌3」 11月24日(土)9:59~10:26 座長:鷺山和幸

O-13 男子淋菌性尿道炎由来淋菌の薬剤感受性(2018年)

PDF

O-14 福岡市における各種薬剤耐性淋菌の分離状況

PDF

O-15 関東地方において分離されたNeisseria gonorrhoeaeの各種抗菌薬感受性に関する検討

PDF

O-16 2015~2017年にわが国で分離された淋菌の薬剤感受性報告

PDF

一般演題6「尿道炎1」 11月24日(土)15:30~15:57 座長:青木九里

O-17 尿道炎原因微生物の診断に関する検討―原因微生物と排尿痛の程度―

PDF

O-18 尿道炎原因微生物の診断に関する検討―原因微生物と潜伏期間―

PDF

一般演題7「尿道炎2」 11月24日(土)15:57~16:24 座長:重村克巳

O-22 非淋菌性尿道炎に対するガレノキサシンの有効性

PDF

一般演題8「マイコプラズマ」 11月24日(土)9:05~9:32 座長:田中一志

O-23 日本人男性における尿及び肛門のマイコプラズマ検出率についての検討

PDF

O-24 パイロマークシークエンス法を用いたMycoplasma genitalium薬剤耐性遺伝子解析法の開発

PDF

一般演題9「その他1」 11月24日(土)9:32~9:59 座長:余田敬子


一般演題10「梅毒1」 11月25日(日)9:00~9:27 座長:松川雅則


一般演題11「梅毒2」 11月25日(日)9:27~9:54 座長:立川夏夫

O-32 臍帯静脈周囲にT. pallidumを認めたが児に先天梅毒を認めなかった妊娠中期1期梅毒感染の一例

PDF

O-33 梅毒の一次病変に関する検討

PDF

一般演題12「梅毒3」 11月25日(日)9:54~10:21 座長:髙橋 聡

O-36 人間ドックで発見された内耳梅毒の一例

PDF

一般演題13「梅毒4」 11月25日(日)10:21~10:57 座長:岡 慎一

O-37 女性の梅毒患者の早期診断におけるPCR検査の有用性についての検討

PDF

O-38 HIV感染者の乳輪部に生じた梅毒硬性下疳の1例

PDF

O-39 性感染症として急性A型肝炎と第1期梅毒を同時に合併した未治療HIV感染者の1例

PDF

O-40 HIV感染症おける梅毒のserofast reactionについての検討

PDF

一般演題14「梅毒5」 11月25日(日)10:57~11:24 座長:石川清仁

O-41 都市部における梅毒感染ハイリスクグループの検討~新宿区梅毒発生動向調査~

PDF

O-43 梅毒症例報告数とマッチングアプリユーザー数の都道府県別相関解析

PDF

O-44 泌尿器科クリニックにおける梅毒患者の受診状況と解析

PDF

一般演題15「梅毒6」 11月25日(日)11:24~11:42 座長:大西 真

O-46 梅毒診断と治療効果判定におけるRPR自動化法の倍数希釈法との比較有用性

PDF

一般演題16「HPV1」 11月25日(日)9:00~9:18 座長:小池祐介

O-47 HPV陽性陰茎癌の1例

PDF

O-48 陰茎癌におけるHPV感染の役割と発癌メカニズムについての検討

PDF

一般演題17「HPV2」 11月25日(日)9:18~9:45 座長:笹川寿之

O-49 OCEAN STUDY中間解析および追加解析

PDF

一般演題18「HPV3」 11月25日(日)9:45~10:12 座長:広瀬崇興

O-51 子宮頸部の炎症はAPOBEC3G発現を誘導しCINの進行に影響しうる

PDF

O-53 BD Onclarity HPVキットの基礎検討

PDF

O-54 子宮頸がん検診におけるHybrid capture-2法とAPTIMA法の比較

PDF

一般演題19「HPV4」 11月25日(日)10:12~10:39 座長:安元慎一郎

O-56 男性における尿検体を用いたHPV検査の意義

PDF

一般演題20「HPV5」 11月25日(日)10:39~10:57 座長:渡辺大輔

O-57 尿路上皮癌患者の膀胱洗浄液におけるHPV検出率の検討

PDF

一般演題21「その他2」 11月25日(日)10:57~11:15 座長:白木公康

O-59 当科における外陰部疣贅の治療と課題

PDF

一般演題22「予防・教育」 11月25日(日)11:15~12:00 座長:秋元義弘

O-62 非HIV感染MSMを対象とした性感染症コホートにおけるPrEP(Pre-Exposure Prophylaxis:曝露前予防内服)の適応について

PDF

O-63 性感染症・低用量ピル・緊急避妊薬・子宮頸がんに関する看護関係者の認識および行動についてのウェブアンケート調査

PDF

O-66 大学生による性感染症予防教育における人材確保に関する検討

PDF

This page was created on 2018-12-04T13:13:56.11+09:00
This page was last modified on 2018-12-04T13:13:56.11+09:00